訛りと方言とイントネーション
東北生まれ東北育ちですが、あまり訛ってないと言われます。
でも純粋な江戸っ子には「は?何言ってんの超なまってるよお前」と言われました。

ふぐすまは方言という方言はあまりないんですが、「か」行に濁点がつきます。
あと、私の実家は県内でも南のほうなので、どちらかというと栃木寄りな訛り。

でもおれはあんまし方言とかつかわねぇよ?
方言しゃべんのは田舎のじっちばっぱくれーだっぺ。



昔の話

江戸っ子(以下:江)「○○(場所)行かない?」
私「そうだねーたまにはあるってく?」
江「は?」
私「・w・? どーする?あるってく?チャリ?車?」
江「あー!『あるってく』って『歩いていく』ってこと?何いってるのかと思ったぁー!」

そのくらい会話の流れから察しろとか思ったけど黙っておいた。
まさか通じないとは思わなんだ。




普段職場では、同僚にも敬語でしか話さないので
余計に方言とか出にくいですね。
その代わり、色々な地域の方と話すのでイントネーションが微妙に移ります。
短大時代から関西系に友達が増えたので余計にそんな感じ。


何が言いたいのかって、ようするに、会社の電話に出たとき
変なイントネーションになって軽く笑われたというお話。
[PR]
by arimun | 2009-10-02 18:09 | 雑記
<< 偉そう ほのぼの >>