はやおき
早起きは三文の徳
朝早く起きれば、健康にも良いし、それだけ仕事や勉強がはかどったりするので得をするということ。
「三文」とは、一文銭三枚のことで「ごくわずかな」という意味。
わずか三文だとしても、得るものがあるということで、朝寝を戒める意味を込めて使う。
元々は「早起きしても三文ほどの得しかない」という意味で使われていたともいわれる。
「徳」は損得の「得」と同じ意味で、「早起きは三文の得」とも書く。

引用:故事ことわざ辞典



久々の緊急地震速報で6時半くらい?に目が覚めました。

コーヒーがうまい以外に得がないのだが。
[PR]
by arimun | 2015-05-13 09:41 | 雑記
<< 5年目 いいこと >>